zengame.com モータースポーツの写真-わたしのお気に入りなこと写真館です!いろいろあります掲示板です!わたしのひとりごと...リンク集です

zengame.com > favorite > CarAholic
  CarAholicドライブ日記などのページ(私の愛車シビックRのページはこちら
 最近の更新
 AT車って ミニバンの謎 日本のラリー レアな車? カルディナ 改名提案
 安全な方は? 渋滞 後方衝突安全 超個人的首都高改造計画 中東のラリー 金色になった
Up-date
Aholic = [...耽溺者][...中毒者][...の強迫的渇望者]
是非、御意見御感想をBLUEBOARD にお願い致します。
なんでも書いていってください。

2003
06/22
 AT車って
AT車って、スタートするのもストップするのも簡単にできていると思うのですが、「止まれ」標識のある交差点や踏切などでの一時停止ってなんであんなに皆さんちゃんと停まらないのでしょうか?

最近、不思議でしょうがないんです。

2003
03/03
 ミニバンの謎
なんだか7人乗りの車、特にミニバンタイプが売れているそうですが、日本の少子化や核家族化といった現象を考えるとそんなに大人数を乗せる車が必要なのか不思議でしょうがありません。

2003
02/24
 日本のラリー
ラリーというモータースポーツが特殊なのではなく、
日本という環境自体が特殊なのではないでしょうか?


って思うとちょっと気が軽くなったり、やっぱり気が滅入ったり...

2003
02/13
 レアな車?
リアにGT-Sというグレード名がついた赤色の86トレノを目撃しました。
「GT-Sってあったっけ?」と思いつつ、信号待ちで隣に並んでみてびっくり!
なんとそれは左ハンドルのトレノだったのです。

これはどういう素性の車なんでしょう?御存じの方からの情報をお待ちしております。
アメリカから逆輸入されたんですかねぇ〜?

2003/02/24追記
さくそんさんから情報いただきました。やはり逆輸入車だそうです。湿気の多い日本よりもむこうの車の方が状態がいいかもしれませんね。

2003
01/15
 カルディナ
先日、フルモデルチェンジしたトヨタカルディナについてです。
トヨタのページは、こちら
「スポーツカーが、嫉妬する」というコピーが印象的なのですが、この車のプラットフォームでセダンやもうちょっと全長を短くした車を作って欲しいな〜と思いました。
コンパクトなGT-FOUR(1200kg前後で)なんかアツい車になると思うんです。
セリカのGT-FOURというのも噂ばかりが先攻してますが、ホントのところどうなんでしょう?

友だちとは、「いつまで3Sエンジン使っているんだ」っていう話もしたのですが...

2002
11/19
 改名提案
また首都高を走っていてこんなことを思いました。
暴走族を珍走団と呼び直す動きがありましたが、
首都高におけるルーレット族というのを

ぐるぐる団

と改名してみてはいかがでしょうか?

2002
11/05
 安全な方は?
車についての「ふと思ったんですが」シリーズです。

何かアクションを起こさないと進まない車(=MT車)


何もアクションを起こさないと進んでしまう車(=クリープ現象のないAT車)

どちらが安全でしょうか?
簡単ですよね?

2002
09/02
 渋滞
ふと思ったんですが、年末年始やGWやお盆には高速が大渋滞しますが、あれはやっぱりAT車だからみんなあんな渋滞につっこんでいけるのでしょうか?もし車のMTが大半占めていたらぜったい我慢できないような気がします。私なりの独断的結論ですが、AT車の増加が現在の渋滞状況を悪化させているのではないでしょうか?

ですので、「MT車に対し大渋滞時に料金を割引きする」という制度を望みます。
うへ、なんだかロジカルジャンプだ...

2002
08/20
 後方衝突安全
3列シートで7人乗りという車が増えましたし、ずいぶんと売れているようです。
こういう3列シートの自動車の後方からの追突された最後列の方々の安全対策というのはどうなっているのでしょうか?

前面衝突安全についてはかなりの進化をみせているはずですが、後方からの衝突に対するクラッシャブルゾーン(追突された時に潰れて、乗員の安全を確保する空間)が狭くかなり危険なのではないでしょうか?。しかも、ドアが中列についているので脱出しにくいと考えられます。

メーカーの対策を望みます。

2002
08/15
 超個人的首都高改造計画
例えば、首都高環状線が真ん丸かまたはキレイな楕円だったら、つまらなくて挑戦者は減るような気がします。

問題は、
平均速度が高くなる
よって非常に合流しにくくなる可能性がある
ってとこでしょうか...

2002
08/03
 中東のラリー
PD8月号に中東選手権のラリーレバノンの記事が載ってました。
WRC昇格も目指しているそうで、全くその存在を知らなかった私としては、かなり驚かされました。ですので、出場選手は良く分かりません。将来、WRCで走る選手はいるのでしょうか?
マールボロカラーのフォーカスグループA ST185セリカなんていう車も走ってます。

2002年の中東ラリーは、カタール・バーレーン・レバノン・シリア・ヨルダン・キプロス・アラブ首長国連邦の全8戦で行われるそうです。レバノンはターマックラリーのようですが、他のラリーはどんなイベントなんでしょうか?どうしてもグラベルのイメージというか砂漠なイメージがつきまといます。

2002
02/04
 金色になった
 免許を取るのが遅かった私は、今回の誕生日で2度目の更新(3年ぶり)を迎えとうとうゴールド免許になりました。(現行ルールではおそらく最短ではないでしょうか?)
講習ではビデオを見ることもなく、ほぼその場でといった感じで新しい免許になりました。
何もなければ、次の更新は五年後になるということで、写真は随時変えれるくらいの優遇措置はあってもいいのではないかと思いました。

確かになんだか嬉しいなという感じはあるのですが、あまり実感の湧かないものですね。
なにかいいことあるでしょうか?

2001
10/29
 from Perth

オーストラリアはパースに留学中の友人(?)からラリーオーストラリアの公式プログラムと現地の日本人向け冊子:The Perth Express を送っていただきました。
Cさんどうもありがとう!
ラリーオーストラリアの公式パンぷ
F1のプログラムは見たことあったのですが、WRCのプログラムは初めて見ることになりました。
F1のプログラムと同様に中身はかなり充実してて、存分に楽しめます。
(すべて英語なのでとりあえず、写真だけでも...汗)

今回のPerth Express にはラリーオーストラリアの観戦案内が特集されています。
(この冊子の中に一枚画像を使っていただきました!
パースエキスプレス vol45
ラリー用語から観戦時の注意点なども掲載されていて、ラリー初心者にも優しい内容になっています。日本のラリーのパンフも初心者向けに作っていくべきなのかもしれないと思いました。
Perth Express には、Webサイトもありますので、そちらも御覧ください。
URL http://www.nichigonet.com/perthexpress

うちのサイトの画像が載っていますのでよおく探してみてください

2001
10/29
 落ち葉アンダー(新語かな?)

ホントは新シビックR(ホンダのサイトは、http://www.honda.co.jp/CIVICTYPE-R/)のネタでも書きたいところなのですが、あまり情報がない状態なのでもうしばらく様子を見たいと思います。ちなみに、納車は来年7月!と言われたヒトがいたそうです。

そろそろ紅葉のきれいな季節になりましたね。
車を運転しながら眺める色とりどりの紅葉風景はなかなかいいもんですね(^^)b

ですが...


みなさん、山道の落ち葉で変なアンダーを出さないように
気を付けて運転してください。

と書きつつも、落ち葉&ウェット路面アンダーとかリア滑り&ちょいカウンターを体験してしまった私なのでした。チャンチャン(って、古っ

2001
08/16
 ニューシビックR

そろそろニューインテRがそこかしこを走るようになってきました。
2速に入りにくいという事象がでているようですが、概ね好評のようです。
 
そして、いろんな車雑誌で新シビックRが特集されるようになってきました。
インテRに比べ大人しめの設定となっているようです。
ユーロRという表現している記事もあり、やはり差別化されるのでしょうね。

いくつかの記事を見て気づいたのです、記事内に出てくる車体色は銀と黒ばかりです。
おなじみのチャンピオンシップホワイトはまだ出てきません。
これは、日本のみの設定となるからなのでしょうか?
いまから日本での発表が楽しみです。

インテRで問題となっているナックルアーム問題の行方によっては、
新シビックRがその座を脅かす可能性もあるのではないかと考えています。

2001
07/05
 ニューインテpart2

いよいよ正式に発表されました>ニューインテ
http://www.honda.co.jp/INTEGRA/
ほぼプロトタイプのまま発表発売となったようです。
ここ2、3日でTVCMの放映も始まりました。

今回発売されたのは、TypeRiS という二つのグレードです。
4ドアの設定がなく3ドアのみということなのですが、
これは旧インテ4ドアの売れ行きプレリュードとの統合といった意味からでしょうか?

TypeRに関しては、もう申し分のないチューンぶりです。
-フライホイールのクロモリ化
-フロントブレーキにブレンボ製を採用

などなど。詳しくは上記サイトでお楽しみください(笑

発表された資料の中で一番驚かされたのが、
http://www.honda.co.jp/factbook/auto/integra/200107/05.html
コックピットデザインのなかに、

「ヘルメットの装着を考慮したヘッドクリアランス」

と記述されています。
こんなことを考慮した車っていままであったでしょうか?
旧インテRに対して、65mmも高くなった車高にはこういう側面もあったのですね。

今後のいろんなモータースポーツフィールドにおける活躍を期待しています。

- 追記 -
自宅の方に、CLUB INTEGRAからステッカーセットが送られてきました。
「CLUB INTEGRA」とか「INTEGRA TypeR」とかなのですが、一つだけ
「IT'S MACHINE "FF REAL SPORTS"」
というのがあって、これならわたしのシビックRにもなんとか貼れそうです(笑

このステッカーは全員プレゼントなのでしょうか?

2001
05/16
 ニューインテ

HONDAがニューヨーク国際自動車ショーで、新しいインテグラのプロトタイプを発表しました。
http://www.honda.co.jp/news/2001/integra-4010413b.html
イメージは、初代?インテRを踏襲していますね。
-エンジンが2L 220psとなっていること
-フロントブレーキにbremboを採用していること
このへんがとても気になります。

もちろん、その走りのパフォーマンスも楽しみです。

- 4/30追記 -
なんと、すでに見積もりをとっている人がいるそうです。
HID+プライバシーガラス+エアコンで、300万を越えてしまうそうです。
ただし、まだ値引きの提示がない状態でだそうです。

- 5/4追記-
新インテグラTypeRのスペシャルサイトができたようです。
http://www.honda.co.jp/INTEGRATYPE-R/
まだ発表されただけの車なのに、こんなサイトやメールマガジン?まで作ってしまうとは...
HONDAさん、結構本気なのね。

- 5/16追記 -
そろそろ予約を入れている方々もいらっしゃるようです。

もう、北海道のテストコースを走った試乗記が
http://nigensha.co.jp/webcg/impression/shimizu/218/frame.html
にありました。
走ってる写真は、なんか腰高感が...

2001
04/30
 車検最新情報part2
ちょっと遅くなりましたが、その後の車検情報です。
結局、1X万ほどかかりました。Xはけっこう大きめの数字です。

オイルパンの交換も痛かったのですが、実は前輪の2本のタイヤ
車検が通らないほどの溝具合で、交換せざるおえませんでした。
ディーラーの方では、BRIGESTONEと契約しているとのことでしたが、
新しいRE-01というタイヤはとても手がでないので、結局GRIDIIをお願いしました。

現状、前2本がBRIGESTONE後2本がYOKOHAMAという
異メーカー混合状態でちょっと気持ち悪いのですが、しょうがないですね。

走って違いが分かるほどではないので、全然問題ないのです。

2001
04/26
 100年?
こんなニュースを見かけました。
----
◆F1放映権問題、国際自動車連盟(FIA)が独キルヒらと契約更新、期間100年
----

100年!って2101年までなんでしょうか?
極端というかなんというか...
そのころまでF1ってやってるのかしら?
どんなF1になっているのか、なんだか気になりますが。
この目で見れるかどうか

2001
04/26
 約80万円相当
こんなニュースを見かけました。
----
某プロ野球選手が、自宅近くの駐車場に駐車中の乗用車から
ホイール&タイヤ4本(約80万円相当)を盗まれる被害に
遭っていたことが分かった。
助手席のドアがこじ開けられており、犯人が車内に置いてあった
盗難防止用の工具を使ったとみられている。
----

「ホイール&タイヤ4本(約80万円相当)」って、
いったいぜんたいどんなものなのだろうと考えてしまいました。
小学生でも分かることですが、1本あたり約20万円になります。
20万あれば、私が欲しいと思っているホイール&タイヤを
4本セットで買ったとしてもかなりのオツリがでます。

このプロ野球選手の方が
-どれくらいのランクの選手なのか?
-どれくらいの年収なのか?
-どんな車に乗っているか?

は全く知りませんが、それにしても高いです。

2001
04/17
 ニューシビック3dr
↓のニューインテと同じくニューヨーク国際自動車ショーで、
シビック3drバージョンが発表されています。
http://www.honda.co.jp/news/2001/civicsi-4010412.html
色はちょっと???だけど、これはこれでかっこいいかも...
ホイールはまさかこのままじゃないでしょうね?

5ドアのリアフェンダー付近のぽってり感?がなくなって
すっきりしているように思います。

マニュアルトランスミッション車のシフトレバーはかなり特徴があるようですが、
自分が運転することを想像してみました。
-ステアリングに近い位置なので、シフトチェンジ時間は短縮されるかも
-ゲームチックくで楽しそうだけど、クラッチ操作を忘れてしまいそう

ここでは、TypeRの発表はされていないようですが、
待ち遠しいですね>TypeR

行きがかり上、HONDAネタは多くなっていますが、
今後は違うメーカーの車に関しても何か書ければと思います。

2001
04/17
 車検最新情報part1(でも、part2はないかも)
いま↓に書いた通り、私のシビックはただいま車検中です。
ディーラーの方から留守電に連絡があったので、連絡してみまたところ、
なんでも
「オイルパンがかなり凹んでいて、
 オイルパンパッキンからオイルが漏れています。
 交換しなくても車検は通りますが、どうします?」

とのことでした。

それを聞いた瞬間、わたしの脳裏には去年9月の
「ダートSSをノーマル車高&アンダーガード無しで無謀速度走行」
した場面がよぎりました。
軽い眩暈にも似た感覚に襲われながら、たぶんかなりの傑作顔に変形していたことでしょう...
追加料金は、25000円とのこと...総額がまたびっくりでシビレ節でした

オイルパンという場所が場所だけに交換をお願いしておきました。
おかげさまで、GWは自宅でのんびり過ごせそうです。

それにしても、↑の状態でさらに1万kmほど走ったんでした。
ホントに大丈夫なのか?>myシビックR

2001
04/15
 ホケン
いまの車を買ってから初めて(3年目)の車検がやってきました。
その顛末については、何かあれば書くとして(ディーラーに出したので何もないと思いますが...)、
今回は保険について書きます。
注:新車購入時に保険会社を変えたため、毎年この時期に契約更新になります。

任意保険については、無事故のために順調に10等級まで下がってきました。
ところが、今回の更新でなぜか保険料が上がってしまいました。
そう、車両保険が一等級あがり8級になってしまったのです。

全国のシビックR乗りのみなさん、
安全運転に心がけていただければ幸いです。

2001
04/11
 三日で1000km強行軍
諸事情ありまして、実家(富山)に帰ってきました。

日曜日出発火曜日帰りの二泊三日で、行き帰りともほぼすべての行程を
高速道路を利用しましたが、 片道約450kmx2+こまごま移動で100kmで
1000kmぐらいでした。(所要時間は、ヒミツ
2回満タンにしてギリギリ持つ程度でした。(燃費は約12km/L

中央道〜長野道〜北陸道は、あまり渋滞もなくほぼ快適に運転できました。
でも、長野と山梨の気温が約24度とかなり暑かったです。

諏訪湖SAに「ダチョウの串焼き」という屋台が出ていたのが、
とても気になった帰り道でした。

〜おまけ〜
車検が近いというのに、2本のタイヤのスリップサインが出てしまいました。
これが一番やばい。 どうしたもんか...

2001
04/02
 Dreams vs Dreams
 現在、TOYOTAとHONDAのキャッチフレーズがそれぞれ

 TOYOTA:「Drive Your Dreams」

 HONDA:「The Power of Dreams」

となっており、どちらも「Dreams」が含まれています。
これは、どちらもいま元気のいい自動車会社だけに
単なる偶然ではない気がしています。

来年、TOYOTAがF1に参戦するということで、
CART及びF1というトップレースカテゴリーでのTOYOTA vs HONDAが楽しみです。
この対決の図式は、国内GT選手権(NSX勢vs SUPRA勢)でも見られなくないのですが、
やはり日産GT-R勢も強いです。今年も楽しみです>JGTC

こう考えてみると、モータースポーツ好きの人たちにとっては、
「Dreams」を与えてもらっているのかもしれませんね。

2000
/
 〜50000万km達成によせて〜
 私のシビックRも納車から約29ヶ月で50000kmを達成いたしました。
ふと考えてみると、故障らしき故障もなく全くトラブルフリーといっても過言ではありません。
人間的なトラブル?ちょいぶつけ程度は数カ所ありますが、
かなり豪快にエンジンをぶんまわすこともありますし、
数百kmをノンストップで走り回ることも多々あります。
それでも、トラブルがないというのは改めて考えてみるとすごいことです。

消耗品のオイルやワイパーはもちろんですが、
ブレーキパッドやタイヤ(1.5セット=6本)の交換をしたぐらいで、
トラブルらしきトラブルはまったくありません。

実は凄い車なのかなとも思います。エンジンが手組みされているというところにも、
精度の高さがあるのではないかと私は考えています。

2000
06/04
 白いブルーライオン
 つらつらと近所を走っていたら、対向車線にプジョー206が数台連なって走ってきました。「そういえば、この近くにプジョーのディーラーがあったっけ?」などと思っていると、もう一台青い206が走ってきました。そのボンネットにはでかでかと白いプジョーのマーク(通称:ブルーライオン)が!
私の素直な感想「かっちょええ!」
多分試乗車だったんですね。

2000
05/28
 タイヤ
 去年の3月に付けたタイヤ(YOKOHAMA M7R)がもうつるつるになってしまいました。遠出しなければならなかったので、あわてて前輪の2本だけ新品タイヤ(YOKOHAMA DNP GP)に交換しました。メーカーの売り文句では、DNA GPは、M7Rに対しグリップ・静粛性・燃費の3本柱が向上している、とのことでした。約900kmほど走った感触では、音は静かになっているような気がします(エンジン音がうるさくて確認できないです)。グリップに関しては、まだしっかり走ってなんともいえないところがありますが、高速での運転では特に問題らしきところは見当たりませんでした。ウェット性能はどんなものでしょうか?今度試してみたいと思います。

2000
05/13
 ジキルとハイド

 世の中にはハンドルを握ると性格が変わる人がたくさんいるようですが、自分の場合は運転している最中にも、心の中にジキルとハイドが出たり入ったりすることが多々あることに気付きました。自分の運転のマナーの善し悪しは棚に上げてしまいますが、まわりにマナーの悪い車がいたりすると途端に性格が悪くなって運転も荒くなります。あまりにマナーの悪い車がいるとキレてあおることすらあります。「マナー悪いなぁ〜」と思いつつもやってしまいます。
 かと思うとあまり譲る必要性のないようなところで対向車に道を譲って、いい人を演じてみたりして自己満足したりしてます。
 そういう二面性って誰にでもあるのでしょうか?


1999
10/03
 初めての芦ノ湖&箱根スカイライン
 何故だか朝4時頃に目が覚めた。新しく買ったカメラとレンズのシェイクダウンも兼ねて富士山でも撮影に行こうと思い、まだ暗い中を出発。16号から道志に抜けるコースを利用し、山中湖までは特にストレスなく進む。しかし、天候が思わしくなく、富士山自体は雲に包まれていた。これではいいモノが撮影できないと考え、芦ノ湖方面 に向かう。しかし、これぞと思わせる景色が見当たらず撮影自体はほとんど諦め気味。どうせならと今まで走ったことのない芦ノ湖スカイラインと箱根スカイラインの方へ回ってみることにした。しかし、両スカイラインとも視界10mほどしかないほどの濃霧。まったくどこを走っているのやらと途方にくれた。
  富士五湖方面に戻る途中の籠坂峠で、フェラーリF50を3台を含む5台ほどのフェラーリ軍団とすれ違う。「いったい合計いくらなんだろう?」などと庶民的なくだらない考えが頭をよぎる。天候自体は暑いぐらいの陽気なのに、富士山には相変わらず厚い雲がかかったままだった。 河口湖まで足を伸ばし、ようやく数枚を撮影することができた。
 そろそろ家路にと考え河口湖ICから中央高速を使う。時間が時間だけに大月の合流もまったく問題ない。談合坂SAあたりから小粒の雨が落ち始める。上野原ICで高速を降り、桧原方面 へ抜ける。このあたりで雨はかなり大粒へと変わっていた。
 雨が強くなるのを覚悟していたが、東京都に入ったあたりで雨は止んでいた。フィルムの残りがあったため、もうちょっと足をのばし奥多摩湖方面 を目指す。奥多摩周遊道路の駐車場から奥多摩湖を数枚撮影する。青梅街道と吉野街道を使い帰宅。
 アメリカ出張によるブランクがあったせいかもしれないが、さすがに右足のカカトが痛くなった。

zengame.com > favorite > CarAholic

-- Contents --
| zengame.com | motorsports | my favorite | photog | whiteboard | paella | links |
&copy copyright 1999-2006 zengame.com,All Right Reserved.