zengame.com モータースポーツの写真-わたしのお気に入りなこと写真館です!いろいろあります掲示板です!わたしのひとりごと...リンク集です

zengame.com > favorite > Entertainment
  Entertainment 音楽やテレビなどについてのページです
2003/01/04:MusicのページMovieのページに分割しました
 最近の更新
 Peter Gabriel/UP 真珠夫人 完結版 SKETCH SHOW/AUDIO SPONGE
 スティング ブレードランナー 最終版 ハリー・ポッターと賢者の石
 トレーニングデイ オーシャンズ11 MIB2 バロン YMO Giga Clips
 となりのトトロ M:I-2 Daft Punk StarWars EP1
 Deep River Tender Lights ...all this time
Up-date
是非、御意見御感想をBLUEBOARD にお願い致します。
なんでも書いていってください。

02/10/05  Peter Gabriel/ UP
Peter Gabriel/UP前作[US]からなんと10年ぶりのオリジナルアルバム[UP]がようやく発売されました。日本版のみ3曲入りのボーナスディスク付きです。ライナーノーツによると意外と幅広く活動していたようです。知りませんでした。

このアルバムに収められている楽曲は、かつての
[III]や[IV]の時代を思わせるところが多かったように感じるとともに、彼の声が全然年をとっていないことに驚かされました静から動へ、動から静への転換や緩急をつけた相変わらずの複雑なリズム構築メッセージ性の強い歌詞を十分に堪能することができます。ボーナストラックの[My Head Sounds Like That]リミックスバージョンは新しいリズムワークでとても新鮮でした。
Peter Gabrielといえば、
[Sledge Hammer]に代表されるおそろしく手の込んだビデオクリップが楽しみでしょうがないのですが、今回は[The Barry Williams Show](シングル第一弾とのこと!)や[More Than This]といったところがまたヤッてくれそうな予感がしています。

次作までまたずいぶん待たされるんでしょうか...

最後にアルバムの中から印象的なフレーズを一つ、
i cry until laugh [Darkness]

02/09/27  真珠夫人 完結版(地上波)
あの昼メロの名作がゴールデンタイムに総集編+αで帰ってきてしまいました。

昼時間で放送されていたころから話題沸騰だったこの番組。その
名場面集のようなこの二時間ドラマは、台詞の過激さと演技の過剰さは背筋が寒くなるほどそして横隔膜が筋肉痛になるほどです。ただ、このドラマの中に出てくる台詞はあまりにも過激なので、PTAから苦情がこないか心配です。
でも、けっこう
日常生活に応用してみたい台詞が多いです(笑

DVD化されるので物欲がそそられてしまいますが、フジテレビにはぜひこの番組を月9として放送して欲しいです。
あっ、
「真珠夫人 THE MOVIE」って映画化なんてしないでしょうね?>フジテレビ

02/09/23  SKETCH SHOW / AUDIO SPONGE

SKETCH SHOW/AUDIO SPONGE高橋幸宏細野晴臣がタッグを組んだ新ユニットSketch Showのファースト?アルバム。
このアルバムには、
坂本龍一テイ・トオワなどの友情参加していて、YMO復活か!?と騒がれたりもしています。
YMO的な部分も随所に折り込まれていますが、
大人のしっとり感が全体に漂っていて肩の力を抜いて聞くことができます。実験的かつアンビエント風な音楽(これはたぶん晴臣さんの得意分野)を中心に幸宏さんの細いようで透明感存在感のある歌声が懐かしくてたまりません。本当は幸宏さんの激しいドラムワークを聞きたいのですが、今後のこのユニットの活躍を期待したいと思います。
7曲目の
「Gokigen ikaga 1,2,3」はもちろんあの懐かしの曲ですが、新しいアレンジと歌詞が素直に泣けます。中性脂肪って...

注:上の画像の右下のシールには、「今でも仲良くやってます」と書いてあります。

02/09/08  DVD:スティング
アカデミー作品賞他全部で7部門を獲得した不朽の名作。
監督は「明日に向かって撃て!」のジョージ・ロイ・ヒル。
主演は、
ポール・ニューマンロバート・レッドフォード
ニューマンの渋さはもちろんのこと、若さ溢れる
レッドフォードは現代のブラッドピットを思わせる格好良さ!

舞台は
なんでもありかなと思わせる1936年のシカゴ。レッドフォード扮する若手詐欺師フッカーが天才詐欺師ゴンドーフやその仲間達の力を借りて、誰もが恐れる大ギャング ロネガンに仇討ちをするという物語。
大円団に向かって
なんだかのんびり進むような物語なのですが、ところどころに隠されているいくつかの仕掛けはなんど観ても良くできている脚本だなとうなってしまいます。軽快な音楽もこの作品の影の主役といえるのではないでしょうか?

02/08/30  DVD:ブレードランナー 最終版
リドリー・スコット監督独特の光と影のコントラストの美しさを感じることができる、伝説的ともいえるカルトな映画です。Vangelisが音楽を担当していて深み重みのあるいい曲ばかりです。P.K.ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」をベースにした映画ですが、全く違ったストーリーになっています。

1982年作品ですが、その設定や道具立ては製作された年代を感じさせない仕上がりとなっていますし、その"SF具合"”サイバーパンク度”には驚くばかりでなく観る度に新しい発見があります。

何度も観ているうちに、
場面場面の派手で極彩色なところストーリーの微妙な暗さとが補完しあっているようなそんな気がしました。

それにしても、
ハリソン・フォードって痛そうな役どころが多いですね...

02/08/26  DVD:ハリー・ポッターと賢者の石
世界中から愛されているハリー・ポッターシリーズを映画化した第一弾。
原作は読んでいないのですが、ハリー・ポッターの世界観のようなものを掴めたような気がします。

ロンやハーマイオニーといった主役級脇役も大活躍してますし、個性的な悪くいえばアクの強い先生達もいい味を出しています。空飛ぶほうきなどの小道具もわくわくさせてくれます。

やはり、魔術師といいながらも子供にとっては小学生という
等身大なところや大人にとっては昔一度は夢見たことが描かれていて、謎を解きつつ困難を乗り越えていくというストーリーもすべての世代の心をとらえて離さないといったところでしょうか?この観点からみると、ジブリ作品との共通点もあるのかもしれません。

CGも良くできています、まあ、いうまでもないことですが...

02/08/25  DVD:トレーニングデイ
舞台のロスの抜けるような青空とは対照的な暗く重い映画です。
アカデミー賞最優秀主演男優賞を穫った
先生役デンゼル・ワシントンと麻薬捜査官一日目の生徒役イーサン・ホークとのたった一日のストーリーですが、何年分もの物語を凝縮したかのような感覚があります。
圧倒的にぐいぐいと走りつづけるデンゼルの迫力とその先生の行動に戸惑いつつ正義とは何かということを問い続けさせられるイーサンの苦悩とが、この物語に深みを与えているんだな〜と感じました。

気分が重いときなどにはあまり観ない方がいいかもしれません。気持ちに余裕があるときの方が良いかと思います。

02/08/22  DVD:オーシャンズ11
ティーブン・ソダーバーグ監督のスマートでおしゃれな団体泥棒映画

主な出演者は
 言うことなしにかっちょいいジョージ・クルー二ー
 やたらとなんか食ってるブラッド・ピット
 精悍だけどちょっととぼけた感じなマット・デイモン
 もうホントにめちゃくちゃきれいなジュリア・ロバーツ
 渋い、渋すぎるアンディ・ガルシア

という蒼々たる面子で、確か映画の宣伝文句にもあったかと思いますが、まさにハリウッドの
オールスター映画といえるでしょう。それの脇を固める役者もみんなそれぞれいい味を出しています。

場面と場面のつなぎなんかもちょっと工夫されてて、新鮮な感じがしました。
個人的には、
シカゴの電車のシーンがかなり好きな感じです。

ストーリーの方も良くできていて、
でっかい犯罪の割には妙な清涼感のある一級のエンターテイメント映画に仕上がっています。

02/08/16  MIB2
スピルバーグ監督のエイリアン退治ドタバタ映画の第二弾。
これでもかこれでもかと出てくるCGのエイリアン達も前作から進化していてかなりすごいのですが、主演のウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズの好演?というか怪演も光ります。個人的には、
エージェントF:フランクをどうやっているのかが非常に気になっています。やっぱりCGなんでしょうか...

スラングが多発されていて下品極まりないなあと思いつつも笑ってしまう場面がたくさんありました。スピルバーグをちゃかすセリフなんかがあったのは、監督自身によるパロディといったところでしょうか?

第三弾はあるんでしょうかね?

02/08/14  DVD:バロン
鬼才テリー・ギリアム監督が描いたほら吹き男爵バロンの冒険物語。奇想天外荒唐無稽といった単語がぴったりの映画です。

1989年の作品なのでおそらくCGはあまり使われていないと考えられます。ですので、ところどころかなりしょぼめな場面が多いのですが、それが世界一のほら吹きというバロン男爵の物語の”うさんくささ”をより際立たせているような気がします。

一瞬ですが、
スティングが出演しています。ホントに一瞬ですんで、これから観る方は見逃さないで下さいね。

02/08/08  DVD:YMO Giga Clips 1,2
いつのまにか発売されていたYMOのPV&ライブ映像集。ある意味ではYMOの歴史がつまっているともいえるでしょう。

初期のPVについてはもちろんCGなんてない時代なのですが、アナログな技術を駆使して(ようは手作り)作られているようです。デジタルが使われていないので、
逆にどうやって作られたのが全く想像がつきません色の褪せ具合というか発色の悪さなんていうのは、今じゃありえません。

ライブ映像は
すごいの一言。別の曲じゃないかと思えるほどのアレンジが加えられているものもあり、演奏者一人一人の個性がしっかりと発揮されています。ライブの舞台装置の変遷に彼等のメジャー化の流れのようなものをみることもできます。
「TAISO」なんて三流劇団のお笑いミュージカルかとも思えますが...

TV映像も多数収められていて、
伝説?の「TRIO THE MANZAI」 とか ひょうきん族に出演した際の映像も収録されています。一部、「自分たちはアイドルなのかも?」と勘違いされたようなところもあったように感じました。

幸宏さんと細野さんが新しいユニットを作って、それに教授が参加するという噂(HMVのページ)?がありますが、いったいどんなものを聞かせてくれるのか今から楽しみです。

02/08/04  となりのトトロ(地上波放送)
まあ、年に一回ぐらいは地上波(というか日テレ)で放映されていてほぼストーリーも覚えちゃっているのですが、やっぱり観てしまいます。
ストーリーは、すでに忘れられたかのような
日本の原風景のなか淡々とのんびりとすすんでいきます。

見終わって「これは...」と思ったのですが、他のジブリ作品等にある
対立や争いという構図が全くといっていいほどなく、この映画のなかではほぼ誰も傷つかないということです。少女が直面する試練や葛藤という他のジブリ作品とも共通するテーマはあるのですが、この対立や争いがなくて2時間の映画になってしまうというのはこれは地味にすごいことだと思いました。

02/08/01  DVD M:I-2
トム・クルーズ主演、ジョン・ウー監督のシリーズ二作目(三作目はあるのかな?)。シリーズの名に恥じない派手なアクションや仕掛けが盛りだくさんの映画です。かなりの要スタントシーンをトム・クルーズ本人がこなしたということで驚かされました。個人的にはもうちょっとガーンと頭を殴られるような”ドンデン返し”をこのシリーズには期待したいのですが...
なんとな〜く往年のジャッキー・チェン映画をかっこよくした、あえて名付けるなら
スタイリッシュカンフー映画という感じがしました。

02/07/09  CD:Discovery Daft Punk
Sony VAIOのTVCMに使用されている「One More Time」や漫画家松本零士氏とのコラボレーションで知られる二人組Daft Punkの2枚目のアルバム。この二人の素顔は未だに公開されていないそうです。

このアルバムを聞く前は
ハウスなノリのディスコミュージックなのだろう、というぐらいの認識しかありませんでしたが、それは見事に(もちろん良い方向に)裏切られました。確かに自然と身体がリズムを刻んでしまうのですが、その音の表現力や構築方法は多種多様。音に色彩があるとすれば、極彩色といって過言ではないでしょう。

YMOファンな方ならニヤっとしてしまう曲もありますし、キレイな夜景でも見つつのドライブにぴったりな一枚ではないでしょうか?

00/04/07

02/07/09
追記
 Video:StarWars EpisodeI
 買ってしまいました、エピソード1のビデオ(ワイドスクリーン版)。ビデオで見てみると細かいところを確認することができます。ほとんど実写 の部分なんてないんだなあ〜と思いつつ、もしかしたらアニメーション映画に人間が出演しているようなそんな錯覚を覚えました。

追記
 DVDを何度も観ていたのですが、最近ようやく
E.T.の出演シーンを発見したような気がします。

02/06/18  CD:Deep River 宇多田ヒカル
「traveling」「光」などの数々のヒット曲が含まれている宇多田ヒカルの3rdアルバムです。もちろん、アルバム発売前にシングルカットされヒットした曲以外の曲もどれもすばらしい出来になっています。ますます楽曲に厚みが増し、歌詞にも深みがでてきたのではないでしょうか?
春先の病気と手術、副作用といろいろと心配な出来事がありましたが、このアルバムをひっさげて日本でのプロモーションやツアーにがんばってくれることを祈っています。

とりあえず、
CCCDでなくて良かったです(笑

02/03/01  CD:Tender Lights Lyrico
なんでも4オクターブの声域を持つというLyricoのアルバムです。
露崎春女という名前から改名して、初めてのアルバムということです。
CD屋さんでいろいろと探してみたけど、見つからなかったのはこの改名のせいだったのでしょうか?
3件目でやっと見つけました(^^;;
TVドラマの主題歌に使われた曲も収録されています。

高音域は抜けが良くとても澄んでキレイな感じ、低音部分のしっかりとした力強さもよい感じです。
時にはしっとりと歌い上げ、またある時にはゴスペルの香りすら漂うようです。

確かにデビュー当時のマライアキャリーを思い出させるようなところもありました。
テンポを押さえつつ
心に響かせるような曲が多いアルバムでした。

今後も注目していきたいと思います。

02/03/01  CD:...all this time STING
  あの2001/9/11にイタリアで行われたSTINGのライブアルバム。
(開始前に報が届けられたので本人もライブを行うかどうかを迷ったそうです)
いままでに彼がリリースした
数々の名曲がJazz風にかっこよくリアレンジされて演奏され収録されています。
 時にまだまだハリの有る力強い歌声で。
 時に子供を寝かしつけるように優しい歌声で。
ライブアルバムとはいえ、
全く新しい曲を集めたニューアルバムといっても過言ではありません。昨年買ったCDで間違いなくベスト3に入る出来です。

--おまけ--
STINGは冬期オリンピックの開幕式で演奏していましたが、
吐く息が白くなかったのでもしかしたら口パクだったのかもしれません。

01/04/18  「鮨はいいよね〜マサヒロ」 CMについての個人的な感想(part4)
上のセリフですぐそのTVCMが思い浮かぶ人がいていただけると、
私はとってもうれしいのですが...

これは
ロト6のTVCMの中で、SMAP中居君扮する「マサヒロ」君が
お鮨屋さんから
「限界だ〜」と言いながら出てきた時にお父さんが問い掛ける一言です。
その後、
「また当たったのかい?マサヒロ」と続きます。
その
ちょっと切ない感じがとてもいいのです。

気づいている方もいるかもしれませんが、
このお鮨屋さんは
その名も「鷹想(たかそう)」となっています!
こういう細かい演出を見つけた時は
幸せな気分になれます。
ああ、わたしってなんて
単純なのでしょう!?

このCMにはロングバージョンもあって、お子さんとお母さんのセリフがまた泣けます。

子「中トロってあったかいの?」
母「冷たいのよ」
子「大トロってなに?」
母「知らなくていいの」


確かに、私はこのお子さんぐらいの頃には、
「大トロ」ばかりか
「トロ」の存在すら知らなかったはずです。
限界とはいわずとも満足いくくらいの鮨を食べて
「鮨はいいよね〜」といってみたいな〜。

TVCMについては書きたいことがたくさんあるので、別コーナーにすることも検討中です。

01/03/28  CD:Distance 宇多田ヒカル
  待ってました、宇多田ヒカルの2ndアルバムが発売されました。
シングルで
発売済の5曲を含む、全13曲が収められています。
1stアルバム「First Love」の時ほどの
鮮烈さこそないものの、
より
洗練されているように思います。
私は、track1の
「Wait & See 〜リスク〜」が好きです。

さて、
何百万枚売れるのでしょうか?

01/03/13  CMについての個人的な感想(part3)
  このごろ、TVCMに桃太郎がたくさん出ています。

-
「オー人事オー人事」でおなじみのスタッフサービスのCM
-コメントたたみかけ系でおなじみの
トヨタファンカーゴのCM
-携帯電話会社:TUKAの家族割引のCM

個人的には、
「オー人事オー人事」がイイですね。
というか
このシリーズは絶品モノが多いです(^^)b。

01/03/09  CD:INSOMNIA 鬼束ちひろ
  もうテレ朝のドラマ「トリック」の主題歌「月光」が収められた、
 
鬼束ちひろデビューアルバムです。

 
力強さとせつなさが響きあっています。
 今後の彼女の活躍も期待したいです。
01/03/28
追記
 ピアノやギターなどが非常にアコースティックに仕上げられており、
 彼女の声と相まって、 非常に
いい雰囲気をかもしだしています。

01/03/09  CD:CAN YOU KEEP A SECRET?宇多田ヒカル
  もうキムタク主演の月9ドラマ「HERO」のエンディング曲。
 ドラマは見ていない(見れる時間に帰れない)のですが、
 曲は、
かっちょいいの一言ですが、
 その良さがうまく表現できないくて
もどかしいです...

01/03/09  CD:Genesis THE HITS -TURN IT ON AGAIN-
  掲示板:whiteboardでみょーに盛り上がったGENESISのベストアルバム
 
フィルコリンズがボーカルをつとめていたころの曲がメインに収められています。
 ワタシが、
洋楽を聞き始めたころの曲がたくさん入っていて、
 とても懐かしい感じがしました。
 
「THAT'S ALL」「MAMA」「LAND OF CONFUSION」
 などなど...

01/03/09  CD:ベスト!モーニング娘。1
  もう説明の必要もないほど有名なモーニング娘。のベストアルバム(笑
 実は、購入してずいぶん経つのですが、
まだ聞いていません。

01/03/09  CD:THE BEATLES 1
  もう説明の必要もないほど有名なビートルズのベストアルバム
 実は、ビートルズのCDは
初めて買ったのですが、
 やはり聞いたことのある曲がたくさん収められています。

 ひさびさに
アナログチックなアルバムを聞いたのですが、
 かなり
心に響く1枚でした。

01/03/09  CD:-the most relaxing- feel
 TVや映画だけでなく、いろんなジャンルから集められたリラクシング曲集
 いい曲がそろえられていますが、なかでも、
 Track9:Time to Say Goodbye
 Sarah Brightman featuring Andrea Bocelli

 が心に染みる曲でした。

01/01/17  CD:OVO
 実に8年ぶりとなる Peter Gabriel のニューアルバム。
 彼はなんとこの15年間で86年の「SO」、92年の「US」、00年の「OVO」
 たった3枚のアルバムしかリリースしていません。
 彼の活動は音楽だけではないにしても、恐れ入りました。


 本アルバムはとあるイベントのサウンドトラックとしての作品ですが、
 その音楽性は重厚さや格調高さの中にも新しいモノを感じさせます
 ますます熟成してきていますが、次のアルバムまで果たして何年待たされるのか...

01/01/17  CD:恋愛レボリューション21
 おなじみモーニング娘。のシングルです。
 超超超超ノリノリです。(ノリノリは死語か?)
 そういえば、まだプロモーションビデオ見てない。
 #やはりモー娘。が ASAYAN にでなくなってしまった影響は大きいのか?

01/01/17  CD:music of the millenium
 60年代から90年代に渡る洋楽のヒット曲(全39曲)を収録した2枚組のCDです。
 Queen,David Bowie,Culture Club,Roxy Music,Price,
 Peter Gabriel,Simon&Garfunkel,Duran Duran,Phil Collins...
 
わたしが
洋楽を聞きはじめたころの曲からごく最近までの曲が納められており、
 聞きごたえ十分です。

00/07/23  CD:The Very Best of Puffy

 全20曲、まさにPuffyの軌跡がおさめられているベストアルバムです。デビュー当時は、「いつまで続くのかな〜?」などと不安なところもありましたが、このCDを聴くとPuffy(大半の曲を作っている奥田民生もかな?)の幅の広さというかパターンの多さに驚かされます。不思議と気持ちが落ち着く一枚です。それにしても、アジアの純真の歌詞を書いた井上陽水ってスゴイ人だな〜。


00/07/16  ドラマについての個人的な感想

 最近はじまったSMAP草なぎ剛主演の日テレドラマ「フードファイト」。これって、ちょっと変わった「タイガーマスク」じゃないでしょうか?


00/05/28  CMについての個人的な感想(part2)

 NIKE(腕時計):自転車と大型トレーラーが走りながらケンカしています。最後のシーンのスケールの大きさはやはりアメリカ産のCMなんだとうなずかされます。


00/04/07  CMについての個人的な感想

 Love Beer!:トヨエツと山崎努が大奮闘。「温泉卓球編」に引き続き、待望?の第二弾「BBQ編」が放送されています。暑いぜ〜

 PS2いよいよ発売されたPS2。そのゲームソフトのTVCMは引いたカメラからの遠目のカットが多いのは何故なんでしょうか?

 BOSS缶コーヒーBOSSのTVCMにSMAPの香取慎吾が出てます。ちょっとインパクトにかけるかな?やっぱ、「うのたん」バージョンかな?


00/04/07  番組名:笑う犬の冒険 放送:フジテレビ系日曜19時58分〜

もう敢えて語ることはないかもしれないけれど書いてみます。いや〜、これはおもしろいですよ。当たりはずれはあるけれども。深夜からゴールデンタイムに移ってからも、以前と遜色ないといったところでしょうか?お勧めは「小須田部長」「トシとサチ」「大嵐浩三郎」「あくま園」「アナウンサー学校」などなど、まだまだあります。


99/10/02 Artist:STING Album:BRAND NEW DAY
久々に発売されたスティングのニューアルバム。待ちに待ったという感が強い。売り文句は、「ワールドミュージック」だそうだ。聞いてみる。「ああ、またやってくれた」というのが 正直な感想。相変わらずのスティング節もさながら、それがまた拡大されている。いろいろ混ぜちゃうの得意なんですね。カントリー風あり、アフリカン、ジャズなどなどが微妙におりこまれている。もうけっこういいトシなんだけどまだまだスティングは健在です! (sting.compaq.com)

00/04/07  お気に入りのアーティストやアルバム
洋楽系
-Christina Aguilera(かわいいっす)
-Santana(グラミー賞、おめでとう!ギターが嬉し泣きしてます)

-STING(ニューアルバムでました)
-POLICE(ベストを聞いてます)
-Phil Colins(ベストを聞いてます)
-Peter Gabriel(最近動きが無いようです。SOが一番かな?)
-Deep Forest
-TLC(友達の勧めでアルバムFAN MAILを聞きました。)
-Lauryn Hill(言わずもがなです。かっちょいいです。)
-Star Wars EpisodeI(ジョンウィリアムズ節が効いてます。)


邦楽系
-YMO(最近、細野晴臣プロデュースで2枚組ベストが出ました。)
-坂本龍一(教授はやっぱりピアノで勝負!?)
-宇多田ヒカル(飛び級でコロンビア大学入学おめでとう!)
-中谷美紀(なかなかいい声してますよね?)
-モーニング娘。(まだ、メンバーの名前も顔も良く知りません。)
-Puffy(アジアの純真、いまだに好きです)
-今井美樹(なんかますますHになっていってません?)

zengame.com > favorite > Entertainment

-- Contents --
| zengame.com | motorsports | my favorite | photog | whiteboard | paella | links |
&copy copyright 1999-2006 zengame.com,All Right Reserved.