zengame.com モータースポーツの写真-わたしのお気に入りなこと写真館です!いろいろあります掲示板です!わたしのひとりごと...リンク集です

zengame.com > favorite > Phrase
  Phrase ワタシのコトバのページ update:2003/02/17(一部 ShortStoryに引っ越し)
 最近の更新
 ピエロ 台風とセミ 非と無 スープ カナリア 世界は... 一歩 一秒 すきま 忘れ物

題:ピエロ

振り返ってみると、いつもピエロを演じていたような気がする。

人の笑顔を見るために、そして笑い声を聞くために。
笑いの種を見逃さず、笑いの花を咲かせようとしてきた。

時には和ませ、時には癒したこともあったかもしれない。
時には怒らせ、時には哀しませ、傷つけたことすらあったと思う。


いつも笑いを期待されているような軽い強迫観念すら感じながら、
一生このままピエロを演じ続けていくのだろうか?


そして、いつかは笑いを生めなくなってしまうのだろうか?
誰にも笑ってもらえない日が来るのだろうか?
きっと、それを避けることはできないだろう。

ただ、終わりが訪れるその時まで、
人の笑顔を見るために、人の笑い声を聞くために、
ピエロを演じ続けていこうと思う。

「おもしろくない」「つまらない」
なんて言わせない。

by kame

題:台風とセミ

台風がすぐそこまで来ている夏の日でした。

大粒の雨と横殴りの風、
その音も当然すごかったのですが、
強く鋭く耳に飛び込んでくる音がありました。
明らかに違和感を感じさせるその音は、
セミの鳴き声でした。

こんな雨と風なのに、
そんなに必死に鳴いているセミに
なんだか感動しました。

「生きる」ということの意味を
改めて考えさせられました。

by kame

題:非と無

人間ひとりひとりの力は
確かに非力かもしれないが
それは、無力を意味しているわけではない

by kame
inspired by
「非戦」

題:スープ

真夏の炎天下に乾ききった喉を
すっきりと潤してくれる冷たい水のような
君の笑顔を見せて欲しい
 
真冬の冷たい雨に冷え切った身体を
ゆっくりと癒してくれる暖かいスープのような
君の声を聞かせて欲しい

by kame

題:カナリア

歌うことをやめたカナリアの運命は
どうなるのだろう?

前に進むことやめた人類の運命は
どうなるのだろう?


by kame

題:世界は...

世界はどこまで悪くなっていくのだろう?
世界はどこまで哀しくのだろう?

なぜそんなに争いあうのだろう?
なぜそんなに傷つけあうのだろう?

未来に残すべき世界は、
こんなにオカシイ世界なのだろうか?

子供たちに伝えるべき歴史は、
こんなにカナシイ歴史なのだろうか?

いったい誰が望んだ世界なのだろう?
いったい誰が望んだ歴史なのだろう?

そして...

世界がこれ以上哀しくならないために
いったい何ができるのだろう?

残すべき世界...
伝えるべき歴史...
作るべき新しい世紀...
それを真剣に考えるべきなのかもしれない

by kame

題:一歩

キミの気持ちに一歩でも
近付こうと努力しているコトが

実はキミのココロを一歩づつ
遠ざけているような気がする

そんな時一体どこに向かって
歩いていけばいいのだろう?


by kame


題:一秒

キミがボクのことを
考えている時間より

一秒でも長く
一瞬でも長く
キミのことを考えていたい

by kame

題:すきま

ふたりが気づかないような
小さな小さなすきま

そのすきまから
大事ななにかがもれていく

そしてそのすきまに
ふたりが気づいたころ
そのすきまは
すきまですらなくなっている

by kame

題:忘れ物

真夜中にふと目が醒める

寝返りをうったボクの顔に、
軽い違和感が漂ってくる

闇になれない目を凝らしても
その違和感の正体はつかめない

頭が醒めてきてはじめて気づく
それは
それは枕に残された彼女の髪の香りだ

その香りを子守唄にして
ボクはゆっくりと眠りにつく

by kame

題:アルバム

そのアルバムには、
いろんな彼女が収められている

弾けた笑いを見せる彼女
ちいさく口を尖らせる彼女
どこか遠くに想いをはせる彼女
髪が風に踊っている後姿の彼女
傘の中でかすかに泣いている彼女
助手席でゆったりと眠っている彼女


それらはすべてボクの心に刻まれた
大切な瞬間の彼女達だ

by kame

題:月(その2)

夜空にぽっかり浮かんでいる月
ヒトが生まれるずっーと昔からそこにいる月
毎夜毎晩、違った表情を見せてくれる月

満月だったり
三日月だったり

形だけじゃなくて
色だって違ってる

黄色だったり
青色だったり
白く輝いていたり
紅がかった時もある

いじわるな雲や雨に隠されてしまうこともある
そんな時、
月はどんな表情をしているのだろう...


by kame

題:罠

彼女のあの柔らかい微笑みは、
僕に投げられたものなのだろうか?

彼女のあの静かな瞳は、
僕に何を伝えようとしているのだろうか?

彼女のあの豊かな優しさは、
僕に仕掛けられた罠なのだろうか?

それとも、僕の思い過ごしなのだろうか?

by kame

題:ツメ

部屋に流れる音楽に合わせ
コツコツコツコツと
ガラスのテーブルを叩く音がする

彼女のツメがたてている音だ

なんともいえない色と輝きをした
彼女のツメが

いつまでもいつまでも
コツコツコツコツと
リズムを刻み続ける


by kame

題:一方通行

「一方通行」の道を歩く

「一方通行」が終わったところで
後ろを振り返る

そこには「進入禁止」の四文字が並んでいる

そんな恋ばかりしていた気がする


by kame

題:夜

夜、目が醒める

ゆっくりとした寝息をたてながら
スヤスヤと眠っている彼女に
月明かりの一筋が流れ込んでいる

唇のすきまから
かすかに見える白い歯

柔らかい曲線を描きながら
キラキラと光る髪

そんな静かな彼女を
見るのも幸せなものだ


by kame

題:息

寒い日の待ち合わせ
吐く息が白く拡がっては消えていく

吐く息は次から次へと
いろんな形を見せてくれる

君を待つ時間は
そんなものさえ楽しく見える


by kame

題:砂

砂浜に立つ
両手で白い砂をすくってみる
手のひらに砂の熱い感触が残る

指の隙間からこぼれた砂が
キラキラと輝きながら
風に運ばれていく

静かな波が遠くに聞こえる

by kame

題:答え

聞きたい答え
でも、それは時に
聞きたくない答え
でもある


by kame

題:重力

重力に身を任せ
空から落ちてくる雨や雪

それはまるで
恋愛に身を任せるヒトのよう

重力に逆らわず
まっすぐ落ちてくる雨

重力にちょっとだけ逆らって
ゆっくりゆっくりと落ちてくる雪

水には、雨と雪どちらかを
選ぶ権利などないのだけれど...


by kame

題:涙

時にはうれし涙を流すくらい、
心を柔らかくしてみたり

時にはくやし涙を流すくらい、
心を熱くしてみたり

でも、ホントの涙は
とっておきの時に残しておこう


by kame

題:告白 part2

「告白」は白く告げると書くんだね
だから、素直に言ってみよう

by kame

題:告白

「好き」と伝えることで、
何かが変わってしまいそうで、
それが怖くてなにも言えない

by kame

題:月

たまには
空を見上げて歩いてみようよ
キレイな月が
微笑っているかもしれないよ

by kame

題:バレンタインディ

チョコレートの苦さを忘れることがあっても
チョコレートの本当の甘さを忘れることはできない

by kame


是非、御意見御感想をBLUEBOARD にお願い致します。
なんでも書いていってください。
zengame.com > favorite > Phrase

-- Contents --
| zengame.com | motorsports | my favorite | photog | whiteboard | paella | links |
&copy copyright 1999-2006 zengame.com,All Right Reserved.